丸い三角形

出来るだけ快適で楽しい生活

モンベル プラズマ1000アルパインダウンパーカを1年間使ってみた感想・レビュー

f:id:DHFclub:20190117125201j:image

モンベルのプラズマ1000アルパインダウンパーカを買ってから1年が経ちました。山に河に街にどんな状況でも頼りになる存在で個人的にはマジで最高です。

モンベルプラズマ1000 アルパインダウン パーカ

f:id:DHFclub:20190109124051j:image

超軽量・極薄シェル素材に最高品質の1000フィルパワー EXダウンをたっぷりと封入し、高い保温性と、卓越した軽量・コンパクト性を実現ました。ジッパー付きポケットなどアウター用途にも適した機能を備えています。肩と上腕部にはコールドスポットができにくく、ダウンの片寄りを防ぐボックス構造を採用しています。

https://webshop.montbell.jp/sp/goods/disp.php?product_id=1101528

日本のアウトドアブランドの王様モンベルの最高級ULダウンジャケット。1000フィルパワーというのは羽毛の品質の事でこの数字が大きければ大きいほど羽毛の保温力が高くなると考えてください。羽毛のロフトの膨らみに影響するので数値が大きければ大きいほど良い。ちなみに今年の無印良品のダウンに使われているのは700フィルパワー。ユニクロは600前後と言われていたけれど数字を公開していないので正確な数字は分からない。簡単な説明は終わりにしてこのダウンの素晴らしさを長々と話したい。

デザインについて

アウトドアブランドで人気があるのはThe North FaceやPatagoniaなどの海外ブランド。特に冬になるとTNFのバルトロライトジャケットは着ている人を見ない日はないくらいの人気ですね。冬のおしゃれは基本的にアウターだけでしかアピール出来ないのでおしゃれをアピールしたい人がみんな同じダウンやコートになってしまうのは仕方がないけれど本当に没個性でみんなが持っているものだから優位性がゼロ。優位性を煽るような販売方法を取っているの優位性がゼロになるという謎の現象が起きている。話を戻してモンベルダウンジャケットのデザインについて。先ず何も言わないで写真を見てください。

f:id:DHFclub:20190110073424j:image

モンベル公式ウェブサイトの写真はなかなか問題がある撮り方をしていてダサく見えてしまうのだけれど実際はとても綺麗なデザインをしている。ボックス型のシルエットをベースにしているけれど実施はシェイプされているので野暮ったさは全くない。そして1000フィルパワーのダウンのお陰で少ないダウンにも関わらず綺麗なボリュームが出る。バックスタイルもちょうど良いボリューム感。

f:id:DHFclub:20190110073508j:image

これはロフトが潰れにくいフード部分を見て貰えればよくわかると思う。

f:id:DHFclub:20190109125632j:image

登山道具としてのダウンジャケットにはフードが必要か不要かみたいな議論はよくあるのだけれど街での着用も考えるとこの立ち上がりの良いフードの存在感は大きい。と言うよりも個人的にパーカーを含めてフードが綺麗に立たない服だと落ち着かない。その点モンベルのダウンジャケットは最高の立ち上がり。ダウンジャケットの上からコーチジャケットなどを羽織る時にもかなり具合がいい。サイズ感もジャストサイズで着ればタイトでいいシルエット。メンズ・ウィメンズ共通パターンなので細身の男性でも自分の体型に合ったサイズを選ぶことが出来る。自分は165cmでXSサイズを着ている。

軽さについて

236gというとんでもない軽さ。着ていれば基本的に重さを感じない。時々軍モノのジャケットを着たりするとその重さに嫌気が差してしまうようになった。とんでもなく軽い。ダウンでこの軽さなのでどこかに出かける時には必ずバックパックの中に入れておくようになった。空気を身に纏っている感覚が気持ちいい。

暖かさについて

フィルパワー1000の暖かさがどれだけ暖かいのかと言うと都会ではシャツ+ニットの上にダウンを羽織るだけで余裕で快適に過ごせる。1月の早朝でもダウンで覆われている部分は全然寒く無い。寒いのは足先や顔なのでダウン以外でどうにかするしかない。電車の中でも暑くならないレベルなのでちょうど良い。12月の北海道でマイナス10℃の深夜に散歩をした時はダウンの上に裏地ボア付きのコーチジャケットを着ていれば特に寒くはなかった。

山での使用について

本来の用途である山での使用目的として使った事はほとんどない。基本的に低山ハイカーなので1月の雪が降る雲取山でのテント泊で1度使ったくらいだけれどメリノウールのインナーにメリノウールのフーディーの上にダウンを着ていればある程度は快適に過ごせた。眠る時はダウンの上からシェルを着て寝袋にくるまって寝たのだけれどそれで快眠できました。

まとめ

モンベルのULダウンジャケットは山でも街でも使い勝手の良い上質なダウンジャケット。個人的には装飾のない無駄の無いデザインが生活や生き方に合っていたのでそれも含めて良かった。あと街でバルトロを着ている人はファッショニスタだけど、モンベルとかtateonの1000fpダウンを着ている人はハイカーだというバックボーンが透けて見える気がして良い。オーリーガードがボロボロになったVANSを履いているスケーターみたいなものだと思う。男性特有のカルチャーあるオシャレみたいな物がそこにはある気がして、そういう部分でもしっくりくる。本当に良いダウンなのでもっと支持されるべきだと思う。