ラクナクラシ

出来るだけ快適で楽しい生活

雪の日の通勤靴はレインシューズとスパイクのセットがオススメ

雪害には弱い首都圏のインフラですが、同じくらい弱いのが僕たちの足元です。雪の日当日はまだ柔らかい雪が降り積もっている程度なのでそこまで不快でもありませんが、本当に困るのは雪が降った翌日です。足元はビショビショだしツルツルしているし。そんな雪の翌日の朝を快適に過ごすためにはレインシューズ+取り付けられるスパイクのセットがオススメです。

雪が降っているんだからスノーシューズだろと思う方も多いと思いますがスノーシューズを持っている人ってどれくらいいるんでしょう。登山が趣味の人や東北以北の方などは持っていそうですけど一般的な関東に住んでいる方には多くないと思います。また数年に一度しかない雪の日の為にスノーシューズを買うというのも合理的じゃない。

それではレインシューズはどうでしょうか。スノーシューズよりは持っている人が多いかもしれません。レインシューズも持っていない人も結構いると思いますが諦めて買ってください。雪は数年に一度しか降りませんが雨は年間で100日以上です。それだけ降るならレインシューズの一足くらい持っておいてもいいかと思いませんか。

レインシューズを選ぶ理由

レディース&メンズ レインブーツ オシャレ 雨靴 シンプル 無地 サイドゴア レインブーツ 快適 防水 耐滑 ショートブーツ レインシューズ

雪よりも多い雨の日に使える

ほとんどの都道府県で年間100日以上の雨が降るこの国のではレインシューズは最早必須アイテムです。雪の日のためだけに新しく靴を買うのはなあと思う人も年間100日以上ある雨の日対策としてならどうでしょう。しかも雪の日にも使えるんですよ。雪の日だけにしか使えないものではなく雨の日も雪の日も使えるものを買ったほうがいいに決まっている。もちろん晴れている日だって使えますよ。

レインシューズはスーツに合う

スノーシューズのデザインはボリュームが多いものが多いのでスーツなどのビジネスウェアには合わないんですよ。しかも午前中は雪があったけれど午後には雪が全くないみたいな状況で自分だけがゴッツいスノーシューズを履いているのも恥ずかしいと感じる方もいるかと思います。その点レインシューズならデザインはサイドゴアブーツと同じデザインなのでスーツにもばっちり。

都心部は積雪よりも溶けかけた雪が多い

都心部や街中の場合は積雪は大した事ありません。不快なのは溶けた雪でびしょ濡れの路面です。道に何10cmもふっくらと積もった雪がある事なんてほとんどありませんが家から駅までがずっと溶けかけた雪のシャーベットで覆われている時はあります。そのくらいの雪ならスノーシューズよりも完全防水のレインシューズの方がオススメです。

スパイクを付ければ転ばない

レインシューズのソールはゴムのものが多く、最も良いものでビブラムソールだと思います。ですが凍った雪の上を歩くときにはいくらビブラムソールでも滑りやすくて危険です。そんな時は取付式のスパイクをつければ安心です。簡単に取り外しが可能なので会社に着いたら外す事も直ぐに出来ますし、会社から家に帰る時にも直ぐに付けることが出来ます。コンパクトなので帰る時にはほとんど雪が無くなっている時などは取り外して鞄にいれて持って帰ればオッケー。

もちろん既にレインブーツや雨用の靴を持っているという人はスパイクを買うだけで雪の準備は完了です。

早めに用意した方が良い

天気予報とかネットニュースで雪が降りそうですとか言い始めたらすぐにポチった方が良いです。雪は急に降ったりするので出来るだけ早めに用意しておきましょう。もしすぐに使わなくてもどうせいつか使うものなので買って家に置いておくと良い思います。

オススメのレインブーツ