ラクナクラシ

出来るだけ快適で楽しい生活

タイ・バンコク1日目

2018/07/27
夏が始まる。夏の始まりを梅雨明けとするのなら、2018年の夏はいつもよりも夏が10日程長いことになる。(夏の終わりは存在しないから、始まりが長くなるぶんだけ、夏は長くなると僕は考えている。)いつもよりも前のめりで乗り込んできた夏を乗りこなすためにタイに行くことにした。
お金に困っているわけではないのだけれど、かかるお金は少なければ少ないほどいいのでAir Asiaを予約。めちゃ安くていいですね。ホテルはバンコクのVIE HOTELというなかなか綺麗でスタッフの対応も良いホテルに決定。

AAは成田空港の第二ターミナルになるから、最寄り駅からNEXに乗って成田第二ビルまで向かう。最寄り駅にNEXが止まるということはいつだって成田空港に行けるということなのだ。成田に行くことができるということは基本的にどこにだっていけるということなのだ。僕たちはいつだってどこにでも行くことができる。そういう当たり前のことを忘れてはいけない。

成田エクスプレスで成田空港まで

NEX かっこいい

ウェブチェックインを済ませてスーツケースを預ける。僕は国内旅行、というか長野とかそこらへんにいくような手軽な気持ちで海外旅行をしてしまう節があるので、今回も山と道miniに適当にスタッフサックに入れたTシャツやパンツとキンドルを入れるだけで出発できる。だから荷物を預ける必要もないしとても楽だ。

そのかわり化粧水を100ml以上は持って行くことができないというトラップがあるのだけれど、常日頃から無印良品の化粧水を使用していることで現地でいつでも買うことができ、おかげで肌トラブルも回避することができるというミラクルな技を会得しているので何の心配もない。

多少の出費にはなるけれど、手荷物を預けるために早く空港に向かわないといけないことと、あの長い列に並ぶことを考えると、化粧水のようなものは現地で買ったほうがいい。それかついた空港の免税店とかでいつもより少し高めのやつを買ってそれをまるで安い化粧水みたいに使うのもいいですね。

どうして無印良品は世界のどの店舗にいってもあのままなのだろうか。あの音楽。バンコクは街中でずっとEDMが流れているような地域なのだからサイアムの無印良品はEDMくらい流してもいいんじゃないのかな。

話は逸れたけれど、飛行機の中ではキンドルで、村上春樹の「ラオスにいったい何があるんですか」を読んでいた。旅には旅の読み物。人には人の乳酸菌。途中で飽きてNETFLIXでアニメ版ゴジラ決戦要塞都市を見て居たらいつの間にか寝てしまって気づいたらもう着陸する寸前だった。

急いでSIMを入れ替えてタイで使用できることを確認する。それにしてもAir AsiaのCAさんの制服はコンサバで素晴らしいですね。仲良くなった女性のCAさんはお腹が苦しいのよと言って笑っていて可愛かった。AirAsiaの座席はそこまで優れたものではないけれど、そこまで悪いものでもない。スクートのほうが座席はいいとみんな言うけれど、今回は時間の関係上AAにしてみたのだけれどそこまで悪いとは感じられなかった。

LCCは基本的にドンムアン空港に着くので僕たちも毎度おなじみドンムアン空港に着く。入国手続きも簡単に済ませて、荷物もゲット。空港内のエクスチェンジは基本的に協定料金となっていてどこで両替しても同じだからどこにしようかなとか悩む必要はあまりない。一番空いているところでパスポートと日本円を出してサクッとすませてしまえばいい。

VIE HOTEL

BTSスカイトレインのラーチャテーウィー駅から160mという観光客には最高のロケーションのVIEHOTELに向かう。フロントで手続きを済ませて簡単にサクッとチェックイン。スタッフさんも感じがよくて本当に良いホテルですね。VIEHOTEL。

サワディーカップ

初日に食べたカオマンガイ

荷物を預けて周囲をプラプラと散歩をしながら夜ご飯を探す。ピンクのカオマンガイを食べにいくかとなったのだけれどクローズドだったので適当ん屋台でカオマンガイ。美味しい。飲み物はめちゃくちゃ甘い。ホテルまでの帰り道にハッピーソックスのブートを売っている露天があったので購入。3足で200B(500円くらい)。ハッピーなソックスっていうのはこういうことではないでしょうか。

ミッドナイト イン バンコク

ウーファーを後部座席に乗せてLEDを積んだパリピ仕様のトゥクトゥクが元気に走り回っていた。
帰りにセブンイレブンでタバコと水とお菓子などを購入。1000Bを崩しておくことを忘れなかった僕偉い。ホテルに戻り特別に大きいお風呂にお湯をためてゆっくり浸かる。バンコクの夏が始まる。

レトリバーくらいあるクッション枕がふたつも用意してあるダブルサイズのベッドで横になりながらTinderのGPSバンコクに合わせてスワイプしてみるとすぐに何人もマッチングする。ビジネスではないっぽい女の子にオススメのお店などを聞きながら本の続きを読んで居たら寝てしまう。パイノーン。