ラクナクラシ

出来るだけ快適で楽しい生活

お金はもうお金じゃない。チケットだ。

僕たちはもうお金をお金として扱う気力がない。お金があれば幸せになれるだとか、お金を稼いで高級車に乗ってタワーマンションに住んで、みたいな気力みたいなものはもう消えて無くなってしまった。そういうバイタリティ溢れる若者を僕たちは大切にしないといけない。次の日本を作ってくれるのはそういう人たちなのだから。

それはそうとして、お金はストレスを無くすために使うチケットだと最近考えるようになった。お金はチケット。僕たちより上の世代にはお金を稼ぐことについて悪の意識みたいなものがあるらしい。僕たちにそれが無いのは、もうお金をお金としてみていないからだと最近は思う。

例えば毎朝、満員電車で片道1時間の通勤をしないといけない。これは相当のストレスだと思う。実際地獄だよ。本人達はもう慣れたよみたいな顔で自分を騙してイヤフォンで音楽を聴いて、スマートフォンで漫画を読んでいるけれど、これは地獄だよ。乗換駅で割先にと出口に向かうおじさん達はもう限界なんじゃないかな。自分を騙し切れていない。そこでだ。チケットを使おう。

チケットを何枚か渡すと、その地獄から抜け出せる。職場に歩いて通勤できる場所に家を用意される。ストレスとチケットの交換が何者か手によって行われているらしい。

僕たちはチケットを渡す。誰かがストレスを引き取ってくれる。そういう世界になりつつある。

会社に行きたくない。満員電車に乗りたくない。朝もっと寝ていたい。美味しいクラフトビールが飲みたい。月に1回は温泉に行きたい。

チケットを渡せばそういうことができる。

僕たちがどう反抗したところで、この世界はほとんど最悪のまま。だったらもうこの世界の流れにのるしかない。流れにのってチケットをたくさん稼いで、ストレスのない生活を稼いだチケットと交換してもらうしかない。

明日もチケットのために僕は満員電車に40分間揺られて会社にいく。