丸い三角形

出来るだけ快適で楽しい生活

家族の美しさについて|植本一子『かなわない』

昨年亡くなったECDとその奥さんである一子さんの本が好きで本屋で見つければ買うようにしている。『かなわない』だけは何故かいつもいく本屋にはなかなか置いていなくて読む機会が無かったのだけれど、最近やっと入荷しているのを見つけて読んでいる。処女作『働けECD』ではコミカルでポップな文体と装丁でスラスラと読む事が出来た。『家族最後の日』では文体がECDの文体に似ているようで似ていない、オリジナルの文体を作り上げ、最新作『降伏の日々』では終盤に危険なドライヴ感じさせる凄まじい文章を見せつけていた。その間に一体何があったのかずっと気になっていた。

かなわない

かなわない

 

『かなわない』での文体はポップな文体とシリアスな文体の過渡期で、ポップな文体の中に突如現れるリアルな叫びが印象に残る。その明度の差が暗い部分をより鮮明に描き出す。闇の中の光なのか、光の中の闇なのか、石田さんが闇で子供達が光なのか。子供がオムツに粗相をしてしまうシーンで子供が一生懸命に謝る場面がある。そのシーンは数年前に目黒で虐待されて亡くなった尊い命を思い出させた。あのシーンは本当にヤバい。悲しみが覆い尽くす文章を久し振りに読んでしまった。

読んでいて思い出したのは毎日読んでいるデイリーポータルZの古賀さんのブログ『まばたきをする体』だった。

家族の毎日が書かれていることでは同じなだけれど、感じ取れる温度も色も全てが違う事に驚く。どちらがいいとか悪いとかの話ではなくて、人が違えば感じることも家族のあり方も違うという当たり前の事を思い出す。そこで思い出したのはPOPEYEの連載で橋本愛さんが書かれていた「子育てに正しいも正しくもない。あるのは美しさだけだ。」という文章だった。

リンパ液の出る頭皮アトピーにメディクイックHシャンプーとキュレルのシャンプーを使ってみた比較

毎年この時期になると頭皮が痒くなって、酷い場合は掻き壊してしまいリンパ液が出てきて髪の毛が束になって固まってしまうという地獄を経験しています。出来るだけ良くなるようにと思い色々試してみているのですが、個人的にオススメのシャンプーとオススメ出来ないシャンプーを共有します。

メディクイックHは個人的にオススメ出来ない

頭皮の痒みに効くと書かれていたので試しに買って使って見ました。結果から言えば個人的には効果は見られませんでした。使い心地はメンソール成分のお陰でスッキリとさっぱりとした使い心地です。皮膚に痛みを感じるわけでもなく、それは良かったのだけれど問題なのは髪の毛がギシギシになる事。説明にはトリートメントの成分も配合されているので、1回だけ洗えば済むという事でしたが、髪の毛がギシギシになる大問題が発生しました。僕は髪の毛が比較的長い(顎くらいまでのボブ)ので洗い上がりに髪の毛がサラサラではないのがストレスでした。それだけではなく、ギシギシになることで髪の毛と髪の毛が絡み合い、タオルドライをしても地肌の水分がいつまでも取れないような不快感がありました。ドライヤーで乾かしてもいつもよりも時間がかかるし、乾かした後もサラサラにはならないので、なんとなく気になって髪の毛をいじり、そのまま頭皮も気になって掻いてしまうというような事がありました。リンパ液で悩んでいる人は分かると思うのだけれど、リンパ液が付着した髪の毛はごわごわとした質感になります。そのゴワゴワした感じと洗い上がり後の質感が似ていてなんとなくずっと不快でした。実際に使ってみて起きている間は痒みも特になく良いのですが、髪の毛がギシギシである事がなかなかストレスで寝ている間に書いてしまうということは何度かあり結果的に悪化してしまいました。1週間ほど使って使うのをやめて、今は今まで通りのキュレルのシャンプーとコンディショナーのセットに戻しています。

ただAmazonのレビューを読んでもらえると分かるように痒みの軽減には結構効果があるようなので、髪の毛のギシギシが不快に感じない人はこれもいいかもしれません。メンソール成分でスーとするので夏場は多分とても気持ちが良い。200mlのお試し用もあります。

メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー 200ml

メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー 200ml

 

オススメはキュレル シャンプー/コンディショナー

僕が個人的にオススメできるのでキュレルのシャンプーとコンディショナーのセットです。ちなみにボディーソープも洗顔もホイップ状態で出てくるキュレルの物を使っています。ボトルからだした泡をそのまま手に載せて手で身体や顔を洗うことが出来るのでとても良い感じです。

キュレル 泡ボディウォッシュ ポンプ 480ml(赤ちゃんにも使えます)

キュレル 泡ボディウォッシュ ポンプ 480ml(赤ちゃんにも使えます)

 
キュレル 泡洗顔料 150ml

キュレル 泡洗顔料 150ml

 

キュレルのシャンプーは特にこれと言って特徴がありません。スースーする事も無いし、良い匂いがするわけではありません。でもそれが良い。何も特徴が無いけれど、何も刺激が無い。キュレルを使っていれば基本的に悪くなる理由がない。こちらの場合だとシャンプーの後にちゃんとコンディショナーもするので髪の毛はサラサラだし、ストレスがない。コンディショナーを使うときは頭皮ではなく、髪の毛自体に塗るように使えば頭皮への刺激を限りなくゼロに近くする事が出来ます。爪を立てずに洗った後に綺麗に流して、ちゃんとドライヤーで乾かす。これだけ守れば個人的にはそこまで頭が痒くて仕方がないといった状態にはなりません。私だけの個人的なケースかもしれないけれど、もし良ければ試してみてください。

最後に

急に頭皮に痒みが出て来たら先ず疑うべきものがシャンプーやリンスです。前使ってた物に戻したり、敏感肌用のキュレルのシャンプー&コンディショナーにしたり、薬用のメディクイックにしたり、何か早めの対策を取るようにしましょう。

佐藤哲也『シンドローム』

 

シンドローム(キノブックス文庫)

シンドローム(キノブックス文庫)

 

これから始まる世界の終わりの中で、この世界が続けばいいのにと願う、祈りに似た愛についての話だった。宇宙からの飛来物によって、現実世界は大規模な被害を受ける。それでも主人公の頭にあるのは好きな女の子の事で、世界に起きている異生物の侵略行為もそれほどの大きな意味を為さない。例えば今の日本の日常のような、延々と続くのではないかと思えてしまう平和な暮らしでする恋と、危機的状況でする恋の違いはどのようなものなのだろうか。そのような問いに、この本では明確に答えている。恋はいかなる状況であっても恋だし、僕たちはそのような状況にあっても好きな人のことを考えてしまうのだろう。
主人公の病的なまでの性格な心理描写で小説は進んで行く。全ての名詞に形容詞がつき、全ての動詞に副詞がつく。心理描写で淡々と進んで行く。決して色鮮やかな世界ではなく、白と黒と時々冷やかし程度のグレーがあるような精神世界で、主人公と想いを寄せる久保田を中心に、世界に起きる異変が淡々と事実のように描かれて行く。色も匂いも、温度もないその状況説明は、ラジオで被災地の状況を聞いていた、3月のまだ寒い日々の事を思い出す。
そして突然、文学の花が開く。主人公と久保田が昼休みに河川敷で昼食を食べる場面で、精神世界を執拗にまで描き、内に内にとその密度と強度のみを蓄えていたストーリーが急に弾ける。木々の香り、すぐそばを流れる川のきらめき、通り抜ける風の冷たさ。そういういったものが急に花開く瞬間がある。今までモノクロームの世界で進んで居た話がその場面で、急に艶やかになる。内面を超えて、現実世界の描写を執拗までに追求するのは、その瞬間の久保田といる全てを記憶するという強い意志が伝わってくる。それでも主人公が記憶するに値するのは、川を越えた地域で起きている災害には遠く及ばずに、目の前にいる好きな人だけ。全ての世界へ向けて開かれてるセンサーを、自分の好きな人だけに全て注ぎ込むその瞬間の美しさにクラクラしてしまう。風に揺れる髪の毛一本一本の表情まで、感じ取ることができる。
決して世界がどうだとかは一切関係が無くて、ただ単純に好きで好きでどうしようもないから、その世界でどうにか生きようとする。決して大きな音がしたり、軽快な掛け合いがあるわけではないけれど、静かに、深く、世界の終わりに恋をする本。

シンドローム(キノブックス文庫)

シンドローム(キノブックス文庫)

 

横長のスライダー

祖父のお見舞いに田舎の病院まで出かけた。祖父はひどく疲れているようだった。昔は、私が小さいころはとてもよく面倒を見てくれて居た。その祖父がとても弱々しく映った。祖父がベッドに横たわり、ゆっくりと昼食を口に運ぶのを眺めて居た。食事をするというよりも、口に運ぶという表現が正しいように思える動作だった。お土産に近所の紀伊国屋で買って来たゼリーを食べさせた。食事を半分程度で残したと思えば、アーモンドが食べたいと言っていた。幻覚が見えるとも言って居た。写真を最後に一緒に撮ったのだけれど、最後まで祖父は笑ってくはくれなかった。
生きていると、死がすぐそこにあることを実感する。毎日毎日、少しづつ生という状態から死という状態に移行している感覚がある。スマートフォンの写真編集アプリで、ライトニングやカラーバランスを編集する時に使う横長のスライダーのインターフェイスのようなイメージ。一方の端が生で、その逆の末端が死。ただそれだけのことのように思えてしまう。
生きている段階の最も成熟した状態を、死と呼ぶのであれば、それが個人的な死への考え方としては最もしっくりくる。生と切り離してしまうと、私はとても寂しく感じてしまう。急にハサミでバッサリとテープを切られたような気がして、私が見て触って感じてきた人から切り離された状態で死が存在していると、それはとても寂しい。
随分昔に女の子が亡くなった時に誰かが「その子にとって、死が最適解であれば良い」というようなことを言って居た。言葉の肌触りとしては、とても優しいものであって、彼女の全てを肯定してあげたいというような気持ちを感じることができた。私はその考え方というか、表現の仕方が、今になっても正しいことなのか、そうでないことなのかわからないけれど、その誰かの言葉だけが今でもずっと心の中に残っている。
最適解であるということは一体どういうことなんだろう。単純に言葉の意味で捉えれば、最も適した解答ということになる。人間のもっとも成熟した状態を死とするのであれば、成長が主な生きる理由である私たちにとって、死は確かに最適解だと思える。
死について考えてしまうのは、死の気配を感じたからなのだろうか。ただ今は祖父にそんなに急いで成長しなくても良いよと伝えたい。できればゆっくりと生から死にシフトしていってもらいたい。私にはまだ死が想像できないから、喜ぶことも出来ずに寂しさに、悲しむことしかできないから。

キャッチャー・イン・ザ・スシロー

はっきり言って僕には自分でもよく分からなところでイラついてしまう事がある。もうほとんど癖みたいものなんだ。最近はそいつも狂った東京の暑さにやられて大分伸びていたんだけど久しぶりにそいつが僕の前に現れた。金曜日の仕事終わり。僕の仕事は会社の規則では5:30までなんだけどその日は外に外出する用があって、4:30には家の最寄駅には着いていた。家に帰って屋上でジントニックでも飲みながら本でも読もうかなと思っているところに恋人からメッセージが届く。内容はとてもお腹空いているといった内容で、それはそうでしょうよもう夕方と夜の境界なんだからと返信する。さらに返ってきたメッセージの内容は「もう駅に着くからどこかで何か食べて行こう」という話でそこまでは良かった。焼肉や行きつけの小料理屋で適当な瓶ビールを飲むのも悪くないと思った。しかしそのあと話は変な方向に進んでいく。なんと彼女は回転寿司に行きたいとか言い出した。この湿気にまみれた東京でナマモノを食べる気は全くしない。回転寿司なら尚更。勘弁してくれよと思いながらもう全部が面倒になって駅から少し離れたスシローに向かった。回転寿司は何故か分からないけれどいつも混んでいる。そんなにみんな回転してるだけの寿司が食べたいのか。スシローの入口で予約をして発券をすます。ここまではまだよかった。そしてここからが最悪。待ち時間は10分程だった。5分を過ぎた辺りから僕はこの状況に全く耐えられなくなってしまった。なんで大して上手くもない回転寿司のためにこの混んでいる店内で待たなくてはいけないのだと思っていた。この時点でもう既に帰りたかった。不味くて安いだけの寿司を食べるために並ぶなんて本当に考えられなかった。せっかく早く終わらせた仕事で生まれたボーナスタイムをこんな事で使いたくなかった。もう帰ろうかなんて考えているところにアナウンスで僕のレシートに記載されている番号が呼ばれた。もうこの際どうでもいいやという気持ちでカウンターに案内された。店内には高校生くらいの子供達が沢山のボックス席で自分たちがこの中で一番楽しんでいますよという顔で寿司を食べながらスマホをいじっていた。必要以上の大きな声を出して笑っている様はまるで繁殖活動の一環として騒ぎ立てる南米の猿を思い出させた。南米のサルが東京の回転寿司屋で酢飯に生の魚を乗せたものを食べていた。捻れに捻れたグローバル社会。一体なんで回転寿司というのはこんなにうるさいのだろうか。席についてお茶を飲みながら恋人を待っていた。手持ち無沙汰だったから目の前を流れてきた海老のお寿司を手にとって食べたんだけれど、思った通りの東京の回転寿司の海老の味でどっと疲れが出てしまった。諦めてガリを食べていると恋人が遅れてやってくる。僕はこの時点でもう我慢ができなくなってきていて「美味しくないし、人も多すぎるしこのままここにいたら気が狂いそうになる」と周りの雑音に掻き消されないようにまくし立てた。マジで何の罰ゲームなのよこれという気持ちで僕の気分ははっきり言って最悪だった。恋人はじゃあ出て別の店に行くか聞いてきたのだけどもうどこに行っても僕の不快な気持ちは晴れそうにもなかった。諦めて恋人がお寿司を食べているのをよくそんなもの食えるなという気持ちで見ていた。精神衛生上良くない不味い食べ物は本当に食べない方がいい。自分で全てをコントロール出来る空間で自分で作ったジントニックを飲みながら自分で作った夕食を食べている方が随分と幸福でいられる。そうなってくるともう世界とか本当に必要がなくなってくるんだよ。

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)

 

森道市場の分かりにくい点を説明します

森道市場2019に行ってきたので、行かないとわからない事、公式HPを見てもわからない事などをまとめておきますので参考にしてください。良いのか悪いのかは置いておいて、実際に目で見てきた事を買いておきます。

あると便利なもの

大きめのビニール袋

突然の雨が降ってきた時などにカバンや荷物をまるごといれておけるようなサイズのビニール袋があると便利です。というよりもないとまずいです。ゴミ袋としても使えるので沢山あった方がい。

ソフトタイプのクーラーバッグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 保冷バッグ デリス ソフトクーラーバッグ15L M-1851 容量15L 折りたたみ可 シルバー
 

デカくて重いクーラーボックスよりも缶ビールが6本くらい入るようなサイズのクーラーボックスがあると便利。ステージ缶の移動にも楽々に持っていける。

クージー

フェス内でも売っている缶ビールを飲む場合には必須。クージーを付ければ手も冷たくならないしビールも緩くならない。今回初めて使ったのだけれど便利すぎて笑った。

エコバッグ

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラシルショッピングバッグ スカイブルー

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラシルショッピングバッグ スカイブルー

 

会場内で思った以上に買い物をしてしまうので、ナイロン性のコンパクトになるエコバッグがひとつあると便利。

レジャーシート

テントを張らない場合でも適当な場所にレジャーシートを張って簡易的な拠点を作って置くと色々と便利です。個人的にはビニールシートよりも和紙のような質感のタイベックが好きです。

ニュー ストロングシート#3000 2.7x2.7

ニュー ストロングシート#3000 2.7x2.7

 

電車で行く場合、蒲郡駅と三河大塚駅のどちらからシャトルバスに乗るべきか

蒲郡駅からは有料バス、三河大塚駅からは無料バスがそれぞれ出ています。混み具合で言えば三河大塚駅の方が空いているので、スムーズに電車からバスに乗り換える事が出来ます。無料シャトルバスの時刻は電車の到着時間に合わせてバスが来てくれるので、バスの時間を特に考える必要もないです。

会場からの帰りのバスはどちら行きに乗るべきか

帰りのバスは三河大塚駅ではなく、蒲郡駅行きの有料バスに乗る方がおすすめです。。三河大塚駅は駅も小さく急行が止まらないのでホームが大変混雑します。一方蒲郡駅は改札を含めて駅舎がとても大きく、急行の停車駅なのでほとんど混雑はしません。

会場→三河大塚駅のバス停と料金

会場から三河大塚駅行きのバス停は会場から少し離れたショッピングモールの駐車場の方にあります。行きも帰りも無料です。

会場→蒲郡駅のバス停と料金

乗り場はサーカスステージの再入場口の前です。バスの本数も多く、バス自体も大きめのバスなので列が出てきていてもすぐに乗る事が出来ます。運賃は片道300円。列に並んでその場で現金で払う事ができるので事前にバスチケットを買う必要はありません。

飲食物の持込は可能

森道市場では入場口で手荷物検査がないので飲食物の持ち込みは可能です。会場内の飲食店が美味すぎるので水や簡単なお菓子くらいで充分だとは思います。

ステージの混雑度

最も混むステージはトリのDISCOステージです。1階フロアは完全に満員状態になります。一応2階フロアもありますが、1階フロアの満員状態の中で踊り狂うのがオススメです。その他のステージは比較的に空いているのでゆったりと余裕を持って見る事が出来ます。

テント券がなくてもテントを張れるのか

チケットの種類にテントチケットがありますが、テントサイト以外の邪魔にならないような場所であれば暗黙の了解でテントを張っても大丈夫のようでした。テントチケットを持っていないテントの方が多いのではないかというくらいです。

キャンプで焚火は出来るのか

出来ます。一応地上から10cm以上離れていないといけないみたいですが、焚火台があれば特になにも気にする事はないです。会場には薪も格安で売っています。

トイレの混雑度と空いているトイレ

会場内のトイレは基本的にどこも行列になる。特に女性の場合は大変。会場内のトイレで一番オススメなのは会場出入口の外にあるトイレと海側のトイレの2つ。トイレの数も多いので結構すぐに順番が来ます。穴場のトイレとしては会場の隣のヨットハーバーのトイレも使用可能。比較的空いていて綺麗なトイレが使えるのでおすすめです。

会場内にゴミ箱はあるのか

基本的にゴミ箱はないのでテントサイトに分別して貯めておいて帰る時に捨てて行くのが一番楽です。お店でも引き取ってくれるけれど、時々他のお店のものは無理ですみたいな事を行ってくるお店もある。遊園地ステージでは遊園地でいつも使っているゴミ箱を使えるようになっているので遊園地ステージでは結構簡単にゴミを捨てる事が出来る。

夜は寒いか

海の近くだけど寒くはない。薄いウィンドシェルだけで充分。パーカーは暑すぎると思う。僕はpatagoniaのフーディニジャケットで丁度良かったです。monbellのウルトラライトダウンを一応持って行ったけど出番は無しでした。

喫煙所について

入り口付近に公式の喫煙所があり、アメスピの試供品の配布などをしていました。それ以外にはテントスペースや海岸など人が密集していない場所では各々自由に喫煙をしていました。

会場で傘の使用は禁止

日傘や雨傘のどちらも会場では禁止でした。ベビーカーに載っている小さなお子さん以外には基本的に傘はスタッフさんから注意されていました。カッパやポンチョなどの雨具が必須ですね。

最後に

思い出したら随時更新をしていきます。何かご質問等あればコメント欄にお願いします。